マリカー雑記
マリオカートの勝ち方を本気で考えるブログ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
【MK8DX】サンダーの引き方についての小ネタ

こんにちは、くさあんです。

 

こうしてブログで文章を書くのは数億年ぶりとなります。

普段、こういう小ネタはYoutubeで動画媒体として上げるのですが、

今回は文章ベースのが面白そうかなと。。。

 

 

この記事を読む際にあると便利なもの : 

ランニングマシーン

 

 

 

 

問題です。

 

突然ですが問題です。6vs6想定でお考えください。

 

 

 

現在敵が前5、自分がサンダーを引かないとチームが負けそう!

…そんな状況で上記画像の場面に出くわしたとき、『最も高い期待値でサンダーを引けるボックスの割り方』は何でしょうか。

あくまでボックスの割り方です。1位との距離とかは一旦置いといていいです。一つ、お答えください。

 

走って!

 

 

 

 

正解

 

 

『スターを使わずにボックスを割り、スターを使ってボックスを再度割る。』

これが正解です。

 

「スターを使ってダブルボックスを割る!」

を大多数の人がやってるのですが、これは少し損をしているかもしれません。

 

 

以下、解説編。

 

 

 

 

アイテムテーブルの仕組み

 

まず、仮にこんな感じのアイテムテーブルがあるとしましょう。

 

 

あくまで仮です。棘が出ねーじゃねーかとかは一旦胸にしまってください。

 

 

表に引くアイテムについて注目します。

ここで言う表はヒョウではなくオモテです。

 

スターを使ってダブルボックスを割った場合、表にサンダーを引く確率は上記表の通り5%です。

ここで言う表はオモテでありヒョウです。

 

 

では、スターを使わずにボックスを割り、スターを使ってボックスを再度割った場合に、

表にサンダーを引ける可能性は何%になるでしょうか。

 

スターはご存知の通り、2つ同時に引けるアイテムではありません。

なので、スターを持っている状態でボックスを割った時、裏にスターが引けません。

 

つまり、こんな状態。

 

30%分が失われてしまいました。

このままではボックスを割ったとき、30%の確率で虚無が出ます。

それを防ぐために、この30%分は「他のアイテムの割合に合わせて割り振られる」というのが通説です。

 

 

 

 

割り振った結果がこちら。

そうです、この通りスターを持ったまま裏にアイテムを引いたとき、サンダーを引ける確率がちょっぴり上がるのです。

 

これはキンキノの切れ際にも同じことが言えます。

キンキノが切れてしまう直前にボックスを割り、裏にアイテムを確保した後、

キンキノが切れて表に回して再度ボックスを割って裏にアイテムを引く...が最適解。多分。

 

キノ3は少し難しい。

真横を向きつつキノ3裏にアイテム確保、キノ3消費でもう一回裏に確保。

壁に激突して勢いを殺して表に出たアイテムがスターor棘ならその場で消費してもう一回割って...みたいな。

 

 

サンダーを引くコツは他にもたくさんあったりなかったりするので、

探してみるととても面白いかと!

 

 

参考にしたサイトは ここ

 

 

書いた人 : 

 

 

↓↓↓是非twitter共有お願いします。励みになります。

 

- | 05:39 | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.